ホーム > 採れたて旬のブログ > スタッフの日記 > 『紀州和歌山の梅で作る梅酒』 おいしい!おいしい!梅酒をつくりました!(^^)!
採れたて旬のブログ

『紀州和歌山の梅で作る梅酒』 おいしい!おいしい!梅酒をつくりました!(^^)!

 

こんにちは!(^^)!

みなさんは、もう梅酒をつくられましたでしょうか?

今回はミカド農園の梅を使って、おいしい梅酒をつくりましたので、作り方をご紹介します。(^^)/~~~

梅酒作りといえばホワイトリカーが定番ですが、今回はブランデーベースの梅酒をつくりました。

(ホワイトリカーでつくった梅酒より、まろやかで飲みやすくおすすめです。)

 

 【材 料】

 瓶    :8リットル用(容器めっちゃでかい。)

南高青梅 :2kg(梅はなるべくキズのない大きさのそろった良質なもの)

      (http://www.mikadonouen.jp/shop/products/list.php?category_id=2)

酒    :ブランデーベースリキュール1.8リットル×2本(アルコール分35%)

氷砂糖  :1.5kgくらい(甘い方が良い方は2kgまで) 

梅酒02.jpg梅酒01.jpg

 【つくり方】

①梅を水に5時間程漬け込むアク抜きをする。

②梅を水洗し、ヘタ部分を爪楊枝または竹串で取り除き、布巾でみがくようにふき、良く乾かします。 

 梅酒03.jpg

↑ヘタを取り除く前 

梅酒04.jpg

↑ヘタを爪楊枝で取り除く(取れているものもあります) 

 梅酒05.jpg

↑左はヘタを取り除いた後。↑右がヘタ取り除く前 

梅酒06.jpg

↑乾きがあまい、ヘタをとらないのはカビ発生の原因となります 

 

③瓶に梅と氷砂糖を交互に入れたら、最後にブランデーを静かに注ぎます。 

梅酒07.jpg

↑梅を一番下に入れます。 

 梅酒08.jpg

↑梅・氷砂糖を交互に入れます。 

梅酒09.jpg

↑すべて入れたら、ブランデーを入れます。 

梅酒10.jpg

↑光のあたらない涼しい所におく。(1年後が楽しみ!(^^)!) 

 

【熟成期間】

・ときどき、瓶を静かにまわし、氷砂糖を溶かします。

2~3ヶ月で飲むことができますが、さらにじっくりと熟成させることで、コクのある美味しい梅酒になります。 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.mikadonouen.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/61

コメント(1)

なかなか梅について詳しく説明されてて、写真もわかりやすい!みやすい!梅がきれい!今度はおいしそうなグラスにいれて見せて欲しいな。たしか14年前に一度作った覚えがあるけど。又作ってみよっかな♡

コメントする

PAGE TOP